台風7号たまご(2020)の進路は?アメリカ最新予報や名前(ヒーゴス)の意味も

社会
スポンサーリンク

2020年台風7号ヒーゴスたまごの発生が確認され話題になっていますね。


台風5号チャンミー、台風6号メーカラーに続きもう3つ目の台風発生ということで「台風ラッシュ」と言われています。


そこで今回は台風7号たまごの進路や日本上陸の可能性など、日本の気象庁よりも情報の早いアメリカ軍の情報などをもとにまとめてみました!


それではいきましょう。

台風7号たまご(2020)の進路は?アメリカ最新予報

早速報道内容をみてみましょう。

Image

台風5号はきょう10日の夕方にかけて九州北部に最接近。きょう正午に台風6号が発生したばかりですが、さらに小笠原諸島の近海にある台風の卵「熱帯低気圧」があすまでに台風に変わる見込みです。

8月に入ってハイペースで台風が発生しています。8月1日から10日までに発生した台風は4つ。まだまだ台風シーズンは続きます。あすまでに新たな台風が発生するでしょう。

きょう10日正午に南シナ海で発生した台風6号は、今後台湾の西の海上を北上する予想です。さらにあす11日までに小笠原諸島の近海にある熱帯低気圧が台風に変わるでしょう。小笠原諸島の近海にある熱帯低気圧は西へ進む予想です。今後の情報にご注意下さい。

ライブドアニュース

現在は熱帯低気圧となっている台風7号(ヒーゴス)のたまごの情報を一覧にしてみました。

日時進行方向・速さ中心気圧最大瞬間風速
2020年8月10日 18時(実況)西 15km/h1012hPa23m/s
2020年8月11日 06時(予報)西 20km/h1008hPa23m/s

米軍合同台風警報センター(JTWC)が発表する台風7号(ヒーゴス)たまごの情報も確認しましょう。


日本の気象庁より、米軍の合同台風形容センターの方が情報が早いのですね。

米軍台風7号 画像

ただ結論から言うと、台風7号は弱そうなので日本にも上陸はなく、すぐに消滅もしそうとのこと。


急に進路が変わったり規模も拡大する可能性ももちろんあるので状況は注視し、また情報が更新されたらこちらのブログでご紹介しますね。


ちなみに「ヒーゴス」とは「いちじく」という意味。台風の名前は140個準備されていて発生した順にその名前がついていく仕組みのようです。

スポンサーリンク

ネット上の声

立て続けの台風発生のネット上でも心配の声が上がっています。

スポンサーリンク

台風7号たまご(2020)の進路は?アメリカ最新予報や名前(ヒーゴス)の意味も:まとめ

以上、今回は「台風7号たまご(2020)の進路は?アメリカ最新予報や名前(ヒーゴス)の意味も」でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました