山村高史(パナソニック産機システムズ人事課長)の顔画像!パワハラ内定者自殺の真相は

社会
スポンサーリンク

当時大学4年生の男子学生(当時22歳)が、内定が決まっていたパナソニック産機システムズの54歳の人事課長からパワハラを受け自殺していたことが発覚しました。

ネットで調べた所、パナソニック産機システムズの人材開発課課長(人事課長)は山村高史さんという方であることが判明。

ただ事件当時もこの方が人事課長であったかどうかは現時点では公表されていませんのであくまで参考情報になります。

そこで今回は山村高史(パナソニック産機システムズ人事課長)の顔画像やパワハラ内定者自殺の真相について調査してみました。

それではいきましょう。

パナソニック産機システムズ パワハラ内定者自殺

まずは今回のパナソニック産機システムズの人事課長からパワハラを受けていた内定者が自殺してしまった件の報道について再度ご紹介しましょう。

パナソニックの子会社「パナソニック産機システムズ」(東京)に採用内定していた男子学生(当時22歳)が入社直前に自殺したのは、研修を担当した当時の人事課長によるパワーハラスメントが原因として、遺族側代理人が9日、同社に謝罪や損害賠償を求めることを明らかにした。課長は半年以上、専用の内定者向けの交流サイトで学生を追い詰める投稿を繰り返していたという。

代理人の川人博弁護士らによると、男子学生は2018年5月に内々定を得た。研修の一環として登録された内定者向けの交流サイト上や個人宛ての電子メールで追い詰められ、入社1カ月半前の19年2月中旬に命を絶った。自殺前、友人ら周囲に「つらい」などと漏らしていたという。

代理人の調査では、人事課長はサイトへの常時接続や即時応答、大量の本を読んだ上での感想の書き込みを求めた。また男子学生を含む特定の内定者を念頭に「僕は徹底して露骨にエコ贔屓(ひいき)するからね」と入社時の評価や配属への影響を示唆したほか、「無理なら必ず辞退して下さい。邪魔です」と迫ったという。

同社は毎日新聞の取材に「行き過ぎた指導があった」とコメント。学生の自殺を受け、内定者向けのハラスメント相談窓口や社内風土を改善する専門部署を新設したという。

毎日新聞

入社前からのパワハラで自殺って相当悲しい事件ですよね・・・

ほかの内定者や今後の採用活動にもかなり影響があるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

山村高史(パナソニック産機システムズ人事課長)の顔画像

直接パワハラにかかわったのかどうか公表されていませんが、山村高史さん(パナソニック産機システムズ人事課長)の顔画像や情報について調査しました!

画像

ネット上の声は

今回の件に対するネット上や世間の声をまとめてみました。

パナソニックは世界で置いていかれて落後企業になりつつあるから焦りがあったのだろうね。
精神論だけではなく技術があった会社だったのだが、技術で置いていかれて精神論しか残らなかったのか?ま、パナソニックの課長はほとんどが頭堅いよ。
いろいろな問題も広告費1000億円にものを言わせてもみ消している。
こんなのは氷山の一角。

松下幸之助 「物をつくる前にまず人をつくる」
創業者の精神に戻るべき。
ずいぶん前に、
ナショナルからパナソニックに変わってからおかしくなったのではないか?
昨年に中国に本体を移すことも選択としてあるとか言い出すあたり、
見通し能力が「0」だわ。

人材を人財として活かすべき人事担当が何をやっているのか?
厳正に処分し、実名報道もすべき。

売り手市場だったから、
会社の期待値と新入社員の実力値のギャップが、
大きかったのかもしれない。
これは双方にとって不幸なことだ

スポンサーリンク

山村高史(パナソニック産機システムズ人事課長)の顔画像!パワハラ内定者自殺の真相は:まとめ

以上、今回は「山村高史(パナソニック産機システムズ人事課長)の顔画像!パワハラ内定者自殺の真相は」というテーマでまとめてみました!

今回のような悲しい事件が今後起こらないように願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました