聖火リレーに「中止しろ」の声!コロナで無観客や延期の可能性も

スポーツ
スポンサーリンク

日本に到着した東京オリンピックの聖火が、「復興の火」としてJR仙台駅で展示されましたね。

これを一目見ようと多くの人が詰めかけ、話題となっていましたが、コロナウイルスで自粛ムードの中、これだけの人が集まったことに不安を投げかける人も多かったようです。

そこで今回は日本全国で始まる聖火リレーに「中止しろ」の声や、コロナウイルスの影響で無観客や延期の可能性も調査してみました。

聖火リレーに「中止しろ」の声?

今回の聖火リレー開催の方向に対して世間からは「中止しろ」との声が多数寄せられているようです。

その中で一部を抜粋してみました。

埼玉に限りず、何故聖火リレーは自粛要請しないの?なんか基準がおかしくないか?民間主催は一律中止で、政治案件は開催っておかしいだろう。多分聖火リレーで感染者が出ても、誰も責任は取らないだろう

聖火リレー絡みで万単位の人を集めている状況で「イベント開催自粛」を言っても説得力ゼロだよね。まずは聖火リレー中止するか無観客で人がいない地域だけ回るコースに変更すべきでしょう。

国民に「油断するな」というメッセージを出したいなら聖火リレーをやるべきではなかったし、K-1も自粛を求めるだけでなく裏で金を渡してでも中止させるべきだった 今日の一連の出来事は明らかに誤ったメッセージを送ってしまったと思うぞ

五輪は日本から延期や中止を言い出せないのは、ある程度分からないでもないが……開催前に各地で関連イベントを予定してても、現状では難しく泣く泣く中止しているというのに……どうして聖火リレーを全て中止しないのか……?

やはり「中止しろ」との声が圧倒的に多かったようです。

聖火リレー実施に「賛成派」も?

そんな中でも聖火リレー実施に「賛成派」もいるようです。

具体的な声をみてみましょう。

この年のために頑張ってきた選手を思うと簡単に中止とは言えない。せめて無観客か延期で対応すべき。

このように現時点で判断できないなら「延期」もしくは「無観客」にすべきという声もあるようですね。

スポンサーリンク

栃木県では聖火リレー対策も?

栃木県ではコロナ対策をした上で実施する旨を発表しているようです。

県は19日、東京五輪聖火リレーの新型コロナウイルス感染症対策を発表した。大会組織委員会の方針に沿った内容で、各日の出発・ゴール地点では演出プログラムや周辺の盛り上げイベントを中止する。リレーが実施される16市町にも同様の対応を要請。現時点では沿道での観覧自粛は求めていない。

本県聖火リレーは29、30の両日に行われる。各日のスタートの足利市・那須町で行われる出発式と、ゴールの那須烏山市・宇都宮市で聖火の到着を祝う「セレブレーション」は無観客で実施。代表者あいさつや記念撮影などのセレモニーのみとなる。

10市町で行われる「ミニセレブレーション」会場や沿道で市町が行う独自イベントは、大会組織委が原則中止を打ち出しており、県も同様の対応を要請する。

ランナーの後方を走るサポートランナーについては、県は各日のゴール地点で予定通り実施。最終走者の後ろを小学生約20人が走る。各市町での実施は市町の判断に委ねる。沿道では密集状況を避けるよう配慮を要請するが「現時点では体調が悪い方以外は観覧自粛は求めない」としている。

セレブレーションを中止するなら聖火リレーも・・・と思いますが、国の判断なのでこればっかりは仕方ないのでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

以上、今回は「聖火リレーに「中止しろ」の声!コロナで無観客や延期の可能性も」でした!

一般のイベントが自粛ムードの中、聖火リレーが実施されるのはなかなか理解に苦しむ人も多いと思います。

今後の政府の考えも変わる可能性もあるのでしばらく経過を見守りましょう。

追加情報がわかり次第更新したいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました