中村拓己(K-1プロデューサー)のwiki経歴!強行開催に「金儲け」と批判殺到?

スポーツ
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染拡大防止のために大規模イベントの開催自粛が政府から要請されている中、さいたまスーパーアリーナで1万人規模の大会を開催するK-1の中村拓己プロデューサーが強行開催し炎上しているようですね。

そこで今回は中村拓己(K-1プロデューサー)のwiki経歴や強行開催に批判殺到している件をまとめてみました!

それではいきましょう。

中村拓己(K-1プロデューサー)のwiki経歴は?

福岡県 久留米市 出身の中村プロデューサーは「1981年8月18日生まれ」現在の年齢は38歳となりますね。(2020年3月現在)

進学校の東明館高校を卒業後、慶應義塾大学 商学部に入学。

プロレスファンから格闘技ファンを経て2003年に格闘技WEBマガジンの編集部入り、
2012年からフリーライターに転身しているようです。

スポーツナビではその年の青木真也vs.エディ・アルバレスから執筆を開始。

格闘技を中心に活動を続け、専門誌の執筆、技術本の制作、テレビ解説も務めている方なのだとか。

そして2018年の12月17日(月)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、新K-1プロデューサーに中村拓己氏が就任されています。

新K-1プロデューサーに中村拓己氏が就任

当時36歳ながらこの抜擢はすごいですよね。

コロナ自粛の中、K-1強行開催する理由は?

コロナ自粛の中、K-1強行開催した理由とは一体なんなのでしょうか?

一部報道の抜粋をご紹介します。

中村氏は冒頭「もともと開催が決まっていたイベントで準備をしていた。いろいろあったが、最大限の予防策を講じて開催することになった」などと開催を決断した経緯を語った。

そして、来場者にマスク配布、入場口ほか各所に消毒液の設置、サーモグラフィーの設置、ミネラルウォーターの配布、会場の扉をあけて常時換気、場内の撮影会・握手会は行わず物販は会場の外で行う――といった対応策を挙げた。

また前日に行った計量や会見は無観客で行い、大会後のアフターパーティーも中止するという。

政府が自粛を要請しているなかでの開催については「自粛の話題は出たが、開催の方向でさいたまスーパーアリーナとも話をして、予防策を講じることにより開催するということに至った」そして「万全の対策ができるなら」と開催の決断に至ったという。

高校野球ら多くのイベントが中止・延期する中での開催については「発表している大会をちゃんとやるのが我々の仕事」と話した。

「いろんなご意見があることは理解している。我々としては会場と話し、最大限の予防策を講じる」などと話している中村氏ですが「発表している大会をちゃんとやるのが我々の仕事」というのが強行開催の言い分のようですね!

K-1強行開催に埼玉県知事がガチギレ?

K-1強行開催に埼玉県知事が怒りをあらわにしているようです。

その報道内容はこちら。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、埼玉県と国が開催自粛を求めていた大規模格闘技イベント「K―1 WORLD GP」が22日、さいたま市で予定通り行われた。大野元裕知事は同日、会場前で報道陣の取材に応じ「要請に強制力はなく、あくまでお願いだったが、聞き入れていただけなかったのは残念」と話した。

スポンサーリンク

コロナ自粛の中、K-1強行開催に批判殺到?

そんな「強行開催」に「金儲け」のためならなんでもいいのか!と批判が殺到しているようです。

国の自粛要請を無視して強行開催したK1。私は元々自粛は反対だが自粛にはまだ自由がある。今の日本は、本当の悪者を隠して目を逸らし、反論出来ない立場を公開リンチ。それから逃れる事は不可能。案の定「安倍のせい」だ。万が一の時、k1の勝手な行動で全体の自由が規制される事が腹立たしい。

K-1はチケット半券に住所を書くので万が一クラスターが発生しても追跡できるから良い、という意味のわからない謎理論を運営責任者の中村という人がテレビで話している。 迅速に対応させていただきたい。。。何を言っているんだ??金がどうしても必要だからやります、これなら分かるのに。

K-1 強行したのはコロナ発生当初なら私も批判的な立場を取っただろうけど老人が好き勝手出歩いて拡散、スペイン帰りの女が検疫結果待たずに沖縄旅行、五輪イベントは必ずしもず実施っていうのを見るともういいじゃんどんどんやってこうよって感情しか湧いてこない

なかなか厳しいご意見が多いようです・・・w

スポンサーリンク

まとめ

以上、今回は「中村拓己(K-1プロデューサー)のwiki経歴!強行開催に「金儲け」と批判殺到?」でした!

流石にコロナウイルスで自粛要請ムードの中、今回の強行開催はなかなか批判のマトになっていそうですね。

K-1会場が新たな「クラスター」にならずに無事に終わることを願っています・・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました