100日後に死ぬワニが電通案件で炎上!ファンの反応は「冷めた」「手のひら返し」

エンタメ
スポンサーリンク

最終回を迎えた100日後に死ぬワニですが「電通案件」だったことが発覚してプチ炎上しているようですね。

確かに100日目の最終回を迎えてすぐにグッズ発売や書籍化や映画化など派手なマネタイズが始まってますから企業が絡んでいるのは当然ですが、電通の対する世間も反応はいつも厳しいですからね・・・。

そこで今回は100日後に死ぬワニが電通案件で炎上した件や、ファンの反応について調査してみました!

100日後に死ぬワニが電通案件だった証拠は?

100日後に死ぬワニが電通案件だった証拠や根拠はあるのでしょうか?

調査してみました。

きっかけはこの画像です。

N49SZQr.jpg

この一番下の名前にある

PRプランナー:松本洋平さん

この方が電通のグループ会社「電通パブリックリレーションズ」社員で主にPRを担当されている方であることが判明したんですね。

根本 陽平 | ウェブ電通報

ちなみにクリエーティブディレクター兼企画の大石タケシさんは電通本体の社員です。

クリエーティブディレクターといえばその企画のリーダーであり統括をする役目ですから、この案件自体が電通案件と言ってもまず間違いはないでしょう。

大石タケシさんはクリエイティブの部署で、TVCMやWEBムービーの企画を続け、13年目になっているようです。

2018年はACCクリエイティブアワードで金賞を受賞するなど活躍をされているようですね。

スポンサーリンク

ワニが電通案件で炎上?ファンの反応は「冷めた」

100日後に死ぬワニが電通案件だったことでファンは「冷めた」との反応をしている方が多いようです。

ワニが電通案件で冷め始めるのすごいわ…これだけマイナスイメージもたれてるのか、電通 せっかくいい漫画だったのに

ワニが電通案件って叩かれてるけどこれほんとタイミングがへったくそだよなぁ 「余韻」ってあるじゃん 歌まではいいとしてグッズ発売!映画化決定!はせめて1ヶ月後にしろ ニコ生も大失敗してたし(企画自体もそうだけど最終話4回ぐらい貼るコマの順番のミスって大荒れして最後はもう草生やされてた)

ワニくんの件、ちょっと展開が早過ぎるなー 商売っ気がありすぎるから、せめて1週間くらい置いて、みんなに考察させてじわじわと盛り上がってきたタイミングでこんなオファーが来ました!ならファンもうおおおってなるけど、これじゃ元から電通案件で色々決まってたんじゃん笑 やっぱタイミングは重要

ワニ100日目からの、ワニが電通案件と知ったTwitter民が興醒めしてる中、トレンド20の内12個がワニ関連ってすごいねって言ったら、ワニって?ってキョトンとする旦那さんが優勝だと思った。

スポンサーリンク

まとめ

以上、今回は100日後に死ぬワニが電通案件で炎上した件やファンの反応についてまとめました!

最終回で感動をしているファンが多い中でいきなり派手なプロモーションや映画化や書籍化などが発表され、さらにそれがあの電通案件だったということに対する反発があったようですね。

個人的にはこういったPRやプロモーションは世の中にたくさんありますし、グッズなどを待ち望んでいたファンも多いのでいいと思うのですが、タイミングが悪かったかもしれないですね。

とは言え、作品にも電通にも別に罪はないので、あたたかい目でみてはどうでしょうか?

お読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました