マスク転売の静岡県議は誰?諸田洋之で確定!辞任や家族についても調査

社会
スポンサーリンク

静岡県焼津市選出の諸田洋之県議(無所属)がインターネットオークションにマスクを大量に出品していたことが6日、分かり話題になっていますね。

これだけコロナで苦しんでいたり不安に思っている人がいる中で、こういったことを市民を守るべき立場の県議がしてしまうのは非常に残念ですよね。

そこで今回はマスク転売の静岡県議諸田洋之の簡単な経歴や辞任可能性、家族についても調査しました。

マスク転売の静岡県議 諸田洋之の経歴

まずは簡単にマスク転売の静岡県議、諸田洋之の経歴を簡単にまとめてみました。

名前諸田洋之(もろた ひろゆき)
生年月日昭和41年9月5日
年齢53歳(記事執筆時)
出身地静岡県焼津市
最終学歴法政大学大学院(MBA)
血液型O型

公式プロフィールを見てみると、地域活動にも積極的に参加されていた方のようですね。

なんでも静岡県民、 焼津市民のために「しっかり報告する」ことに注力されていて、県政報告会や意見交換会を各地で合計33回、朝の街頭演説は570日を超えているのだとか。(行動力はすごいですね)

マスク転売騒動

まずく転売騒動の報道をまとめます。

焼津市選出の諸田洋之県議(無所属)がインターネットオークションにマスクを大量に出品していたことが6日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大でマスクが品薄状態の中、入札で高値に釣り上がったケースもあった。

取引履歴や諸田氏の説明によると、諸田氏は2月半ばごろから医療用マスク2千枚セットなどを40回以上にわたって出品し、1回当たり数万~十数万円で落札されていた。

諸田氏は取材に対し、出品を認めた上で、出品したマスクは自分が仕事で仕入れた在庫品だと説明。「転売品ではなく、問題ない」と主張した。落札額についても「出品時は1円からスタートしている。落札は相場価格だ」と正当性を強調したが、「異なる見方もあるので」として入札価格が74万円台になっていた医療用マスク2千枚セットなどの出品を6日、取り下げた。

経済産業省は2月28日、転売目的の買い占め防止のため、インターネットオークションの事業者に対し、マスクや消毒液の出品を3月14日から自粛するよう要請。諸田氏が出品していたオークションの事業者はこれを踏まえ、オークション形式のマスク出品を14日から禁止するためのガイドライン改定を4日付で掲載している

静岡新聞

これが事実ならなかなかひどいですね・・。

マスク転売の静岡県議 諸田洋之の家族は?

また諸田洋之県議は家族がいるのか?気になるところですね。

諸田洋之県議は結婚しており、家族構成は奥さんと息子3人のようです。

今回の転売をご家族も知っていたのでしょうかね・・・。

スポンサーリンク

静岡県議 諸田洋之の辞任は?

静岡県議 諸田洋之の辞任はあるのでしょうか?

結論から言うと、まだ辞任は表明していないようですね。

ここまで信用が落ちてしまってはこのまま県議を続けるのは難しいと思いますが・・

今後の会見や発表があり次第また記事を更新したいと思います。

スポンサーリンク

ネット上の声は

ネット上は批判の嵐です。

静岡県議のマスクネットオークションか定価に若干乗せた程度で売っておけば票も伸びるだろうにまぁ固定票があってそこに金が掛かるから評判より金を取ったのかまぁやっちゃった事はしょうがない。

静岡県議 諸田洋之 ちゃんと楽天にショップを構えてるのに 個人で出品って 裏金で愛人に貢いでる・エロ系しかないね。どうして匿名配送にしなかったんだろうか?オークション初心者か。内部通報?素人が転売に手を出すとこうなる 自分から辞任してください しらんけど。。

バカだね〜。 一般人なら問題ないかも知れないけど、県議という立場でそれを言っちゃおしまい。 寄付すれば株が上がったのにね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、今回は「マスク転売の静岡県議は誰?諸田洋之で確定!辞任や家族についても調査」でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました