相模原コロナ感染JR職員(駅員)の顔画像&名前は病院は?住所も調査

社会
スポンサーリンク

神奈川県相模原市でおととい新型コロナウイルスの感染が確認されていた一家4人のうち、50代の男性がJR東日本の社員で、16日まで駅で勤務していたことが24日に明らかになり話題になっていますね。

そこで今回は以下のテーマで調査してみました!

相模原コロナ感染JR職員の顔画像&名前

入院先病院は?

住所は?

相模原コロナ感染JR職員の報道

まずは簡単に相模原コロナ感染JR職員の報道について紹介しましょう。

神奈川県相模原市でおととい新型コロナウイルスの感染が確認されていた一家4人のうち、50代の男性がJR東日本の社員で、16日まで駅で勤務していたことが24日に明らかになった。

相模原市によるとおととい感染が確認された50代の男性はJR東日本の社員で、相模原駅の事務作業を担当していたことが分かった。

JR東日本によると、男性は発症した16日に相模線の相模原駅で当直業務をしていたが、接客の業務はしていないということだ。また男性は同じ日に上溝駅、原当麻駅でもマスクを着けて業務をしていた。

JR東日本は、3つの駅の事務室のほか、乗客が触れる手すりやエスカレーターのベルト、エレベーターのボタンなどを既に消毒したということだ。

また男性と接触のあった9人の検査を今後することにしているが、これまでに微熱があった2人の社員を既に自宅待機にしている。男性の妻と長女・次女もすでに感染が確認されていて、自宅療養を続けている。(ANNニュース)

ANNニュース
スポンサーリンク

相模原コロナ感染JR職員の顔画像や名前住所は?

相模原コロナ感染JR職員の顔画像や名前や住所ですが、現時点では明らかにされていません。

上溝駅、原当麻駅でも勤務されていたとのことなので、おそらく住まいもこの辺りの可能性が非常に高いと思われます。

スポンサーリンク

相模原コロナ感染JR職員の病院は?

相模原コロナ感染JR職員の家族は自宅療養とのことですが、本人は病院にいると思われます。

そこで相模原の感染症病院をまとめてみました!

搬送先の病院については以下のような規定があります。

搬送先の医療機関は感染症に対する適切な医療を提供でき、患者の出入り口を分けるなど感染の拡大を防ぐことができる機能を備えている

これに照らし合わせて相模原の想定される病院を列挙します。

相模原中央病院

相模原病院

相模原市保健所

相模原中央病院はすでにコロナ患者を受け入れずみ

ちなみに相模原中央病院はすでにコロナ感染した患者を受け入れているようです!

新型コロナウイルスに感染し、死亡した80代女性が一時入院していた相模原市中央区の相模原中央病院で、新たに患者1人の感染が確認された。市が20日発表した。

市内在住の80代男性で、1月11日に入院。2月12日に発熱し、いったん解熱したものの14日に再度発熱した。19日、同じフロアの患者が感染していることが分かったため検査をし、20日に陽性と判明した。

相模原中央病院では、死亡した女性の病室を担当していた看護師1人、女性と同じフロアで別の部屋に入院している男性患者2人の感染が確認されている。

朝日新聞
スポンサーリンク

まとめ

以上、今回は相模原コロナ感染JR職員(駅員)の顔画像&名前は病院は?住所も調査でした!

なかなか終わりが見えないコロナウイルスですが今後の経過を見守りましょう。

早く流行が終わってほしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました