2020東京マラソンの参加費返金なし?(ホテルも)やエントリー(参加)辞退方法まとめ

社会
スポンサーリンク

全国的に新型コロナウイルスが蔓延し始めており、先日(2月14日)には東京都でも初めて新型肺炎に感染したと報告され話題になっていますね。

感染の広がりを防ぐためにも、通常であればイベントなどは中止すべきだと専門家は指摘している中、3月1日に開催される「東京マラソン2020」は現時点で開催予定とのこと・・。

参加予定の方でも万が一に備えて参加自粛を考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は2020東京マラソンのキャンセル料やエントリー(参加)辞退方法をまとめてみました!

2020東京マラソン開催決定の経緯

まずは簡単に2020東京マラソン開催決定の経緯について改めてご紹介します!

東京マラソン財団は14日、臨時理事会を開催した。

13日に入り、関東などで感染経路が不明な感染者が出たことで、懸念は強まるが、財団関係者は「十分に情報を集め、段階を追って、対策を検討していかないといけない」と、話した。

東京マラソンは現段階では予定通り3月1日に開催する見込み。「中止にはならないのか」などの問い合わせもあり、また、海外からのツアーがキャンセルになったという事例も届いているという。

財団は対策チームを作り、情報収集と対応策を検討している。希望者へのマスクの配布や、消毒液の設置、また、給食も個別包装のものに切り替え、バナナも例年は切ってあるものを1本まるごとの配布とするなど、対策を検討している。

デイリー

上記の報道の通り、現時点では中止・延期をすることなく3月1日(日曜)に開催されるようですね。

そして新型肺炎対策にはバナナ1本と個別包装の給食・・・こんなことで予防できるのか少し疑問ですね。

スポンサーリンク

2020東京マラソンのエントリー(参加)辞退方法

さて、本題の2020東京マラソンのエントリー(参加)辞退について調査してみました!

ちなみにフルマラソンの参加料は今大会から、警備費の増加傾向を主な理由に一律5000円引き上げられており、国内ランナーが1万6200円、海外ランナーは1万8200円(いずれも税込み)となかなか高額です。

結論からいうと参加自粛は単純に「行かなければいい」のですが、一報を入れたい方は以下の問い合わせ窓口から連絡しましょう。

・ONE TOKYOプレミアムメンバーエントリー
・都民エントリー
・一般エントリー

電話:03-6635-5351

概要:東京マラソンに関するお問い合わせ窓口です。

※チャリティエントリーのお問い合わせは、チャリティお問い合わせ事務局へお問い合せください。

公式

2020東京マラソンの参加費返金(ホテルも)

2020東京マラソンの参加費返金(ホテルも)ですが、結論からいうと一切ありません。

ただ「東京都から配慮を検討するよう依頼があり、来年のエントリー料免除の措置を決めた」ようです。なので来年も参加予定の方は今年は自粛された方がいいかもしれませんね。

当初は規約に基づき、同ランナーについて参加料及びチャリティ寄付金は返金せず、2021年大会にエントリーする場合も別途参加料の入金が必要になることを発表していたが、東京都から配慮を検討するよう依頼があり、来年のエントリー料免除の措置を決めた。財団関係者によると、「対象ランナーに参加の自粛を促すという意味もある」という。

ライブドアニュース

当然ながら、ホテルは関係ないので返金やキャンセル料免除などないでしょう。

スポンサーリンク

2020東京マラソン開催決定にネット上の声

2020東京マラソン開催決定の報告にネット上では批判の声が多く寄せられています。当然ですね・・・。

スポンサーリンク

まとめ

以上、今回は以下のような形でまとめました!

・2020東京マラソン開催決定の経緯

・2020東京マラソンのエントリー(参加)辞退方法

・2020東京マラソンの参加費返金(ホテルも)→なし。来年の参加費免除はあり。

・2020東京マラソン開催決定にネット上の声は批判の嵐

オリンピック選考も兼ねていたりと開催中止のハードルは高いことはわかりますが、やはり今回の開催は見送った方がいいのでは?というのが個人的な意見です。

まだ時間はあるので小池都知事には英断をしてもらえるように祈ります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました