手作りマスクは効果なし?気になる作り方や口コミ情報も!【コロナウイルス予防】

社会
スポンサーリンク

コロナウイルスで深刻なマスク不足が話題になっていますよね!

確かにどこの薬局やコンビニに行っても「マスクは売り切れです」の文字・・

そこで「手作りマスク」なるものが流行しているようなのですがその効果や口コミについて調査してみました!

手作りマスクの作り方

まずは手作りマスクの作り方をご紹介しましょう!

マスク売り切れ!! 肺炎予防に100均でできる超簡単布マスクを作ってみた【簡単DIY】

①作るのはより顔にフィットしやすい立体マスク。まずは、型紙に沿って布を裁断します。左右対称にあわせて4枚の布を準備してください

②このマスクの中心となる部分を縫って布をつなぎ合わせます。同じものを、もう1枚作ります。

③2枚を重ね、周りをぐるっと縫い合わせていきます。最後の1辺(画像の青い点線部分)は生地をひっくり返してから縫い合わせます。

④「耳のところにゴムを入れるので、端にステッチを1cmくらい入れます」(大塚屋スタッフ 上温湯文恵さん)

⑤両サイドを折って、縫い合わせ、ゴムを通したら完成です。
 型紙から一回り大きくしたり小さくするだけでサイズを自由に変えることができます。

大塚屋インタビュー

手作りマスク流行の報道

手作りマスクがテレビやネットニュースでも取り上げられているようです。

 新型コロナウイルスの影響で、東海3県でも相次ぐマスク不足。「欲しいのに手に入らない!」

そんな中、代用品として、また応急処置として注目されているのが『手作りマスク』です。

 デザインも豊富、子ども用にサイズも調整できるので、愛知県岡崎市の女性は、家族で愛用しているといいます。

「綿素材で肌に優しい感じで、付け心地が良いと思います。子どもたちは『自分の好きな柄で作ってほしい』と。女の子は花柄、男の子は車柄のリクエストが入ります。使った後は毎回洗濯して繰り返して使っています。夏に作ったものを今使っているんですが、半年以上は使っています」(手作りマスクを愛用している岡崎市の女性)

手作りマスクの広がりは、名古屋市内にも。5日、東区の布地の専門店「大塚屋」では…

「マスクが売り切れてどこにも売ってないので、作るしかないかなと」(布マスクを作ろうと来店した女性)

 大塚屋ではマスク用の生地や道具を求めて訪れる人が増えていると言います。マスクにはどんな生地が向いているのでしょうか…

「今売れ筋なのがダブルガーゼ。通気性がいいのと、素材が柔らかいので扱いやすいものです」(大塚屋スタッフ 長江彩さん)

メーテレ
スポンサーリンク

手作りマスクは効果なし?医者の意見も

手作りマスクの気になる効果ですが一体どうなのでしょうか?

結論からいうとお医者さん曰く「人込みなどの環境の中では、一定の粒子をカットするので「一定の効果はある」ということです。」

また洗い方については特別なことはないようで、お湯と洗剤で洗うだけで大丈夫なのだとか。

抗菌物質入りの洗剤であればより望ましいということです!

スポンサーリンク

手作りマスクの口コミ

手作りマスクを作られる方が多いようなのでその声をまとめてみました!

マスクの危機を受けて手作りマスク作ってみましたー(笑) あとマスクゴムを買うだけ! 医療機関のがピンチの方が怖いから医療機関に充分行き渡りますように。

●手作りマスクを洗って干した。咳が出てる長女が、不織布のマスクの感触が苦手らしく喜んでくれた。

●ゴムGET出来て良かったですね~(≧∇≦) 少し前から手作りマスクが話題になっていて、ゴムが売り切れてきているという話題を見ていたのですが… やはりどこも売れてしまうのですね(º∀º)

●マスクがなければ作ればいいじゃない! と言いますが、材料買いに行く時間も作る時間もガチで無くて、せっかくなので作家さんの手作りマスクを買ってみることにしました 可愛らしい柄と迷ったけど、やはり通勤時に使うので無難なのを…

●初めて作った手作りマスク。どこのお店行っても品切れで買えないので100円ショップでガーゼハンカチ、ソフトゴム、はぎれガーゼを買って挑戦して作りました! 裏の縫い目は下手だけどごめんなさい

みなさん自分や家族、子供さんのために手作りマスクを作られているようですね!

早くコロナウイルスが過ぎ去ってくれるのを祈るのみです・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました