翔んで埼玉が面白くない(つまらない)理由を考察。埼玉県民からのクレームは?

エンタメ
スポンサーリンク

大ヒット映画「翔んで埼玉」が2月8日に地上波でノーカット放送されますね!

翔んで埼玉ですが、意外と賛否両論なようで・・・

そこで今回は翔んで埼玉が「面白くない」「つまらない」と言われている理由や埼玉県民からのクレームなどはないのか調査してまとめてみました!

それではいきましょう!

「翔んで埼玉」あらすじ

まずは翔んで埼玉のあらすじを簡単にご紹介しましょう!

かつて埼玉県民は東京都民からひどい迫害を受け、身を潜めて暮らしていた。ある日、東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子・壇ノ浦百美(だんのうらももみ)は、容姿端麗なアメリカ帰りの謎の転校生・麻実麗(あさみれい)と出会う。

互いに惹かれ合うも、実は麗が埼玉県出身だったと知る百美。そして、東京と埼玉の県境で引き裂かれる2人。まさに埼玉版「ロミオとジュリエット」とも呼べる愛の逃避行と、その中で埼玉県解放を成し遂げるべく戦いを挑んだ者たちの革命の物語である。

大都会東京から虐げられた埼玉が、自由を求めて徒党を組み戦うという原作の設定に、新たに“千葉”という対抗組織も用意。同じく東京から迫害を受けている埼玉と千葉が、どのように物語を形成していくのか……、相容れない土地に生まれた二人の間に芽生えた“愛”がどうなっていくのか……2つのテーマを携えた予測できないストーリーが完成した。

「翔んで埼玉」キャスト

翔んで埼玉の主要キャストであるお二人をご紹介します↓

壇ノ浦百美(だんのうらももみ)/二階堂ふみ

翔んで埼玉

当初、原作の設定を変更し女性キャラクターにする意見も出ていたそうですが、本を読んだ二階堂本人から「これ、私が男性の役をそのまま演じたほうが面白くないですか?」と提案があったことで、原作の通り名前も外見も女性っぽいのに、実は男性というキャラクターのままで進められることになったそうです!

麻実麗(あさみれい)/GACKT

翔んで埼玉

二階堂演じる百美が淡い恋心を抱く麻実麗(あさみれい)役には、原作者も交えたキャスティング会議で満場一致となったGACKTさん。原作の魔夜氏もGACKTさんの演技には大絶賛したようです。

スポンサーリンク

翔んで埼玉が面白くない(つまらない)と言われる理由

あらすじだけみても楽しそうな翔んで埼玉ですが意外にも「面白くない」「つまらない」という意見も多いようです。

一体何故なのか?口コミの意見も参考にしながら考察してみました!

肝心のストーリーが面白くない?

酷評レビューにこんな意見が↓

「笑えるのは最初の10分ぐらいで、肝心のストーリーがつまらないので、最後まで見るには2、3回に分けて見る必要がある」

物語は、結納のために会場にまで車で向かっている家族の現実ストーリーと、その家族が聞いている都市伝説のラジオドラマのファンタジーストーリーの二重構成になっているのですが、8割くらいを占めている「ファンタジーストーリー」が登場人物がギャーギャー騒ぐだけでストーリー性が乏しいと批判されているようです。

フィクションであるという強調がダサい?

物語の中では演者があえて大げさに王子様、お姫様風に喋る演出になっていて、埼玉いじりがあくまでもフィクションであることを強調しているところがダサいという声も。

冒頭で「この物語はフィクションであり、実在の人物名、団体名、特に地名とは一切関係ありません」というテロップが流れたり、相当埼玉をいじり倒しているわりにこのような「逃げ道」を作っていることに疑問をもつ方も多いようです。

関東圏にしかウケない?

最後に、「埼玉いじり」が関東圏にしかウケないとも言われているようです。

埼玉=ダサいのような感覚って関東で暮らしたことがない人にはあんまりピンと来ないのは確かにそうだな・・・と感じました。

スポンサーリンク

翔んで埼玉に埼玉県民からのクレームはないの?

「翔んで埼玉」は、埼玉を徹底的にディスっており、クレームが大丈夫なの?と心配してしまいますが、実際、クレームなどはあるのか調べてみました!

結論からいうと、作者の魔夜峰央さんも公表していますが漫画をかいた当時から、

「クレームはない」

と名言しています。作者の魔夜峰央さんは埼玉の人の寛容さについて感謝を述べており、この漫画のファンも3割は埼玉県民であることも分かっているのだとか。

ちなみに茨城についても漫画では少しディスっていますが、茨城からはクレームが来たようです笑

埼玉の方は寛容な方が多いのですね!

スポンサーリンク

まとめ

以上、今回は翔んで埼玉が面白くない(つまらない)理由を考察。埼玉県民からのクレームは?というテーマでまとめてみました!

賛否両論の翔んで埼玉ですが原作含め、着眼点が非常に面白い作品だと思います!

真剣にみてストーリーを楽しむというよりも「あるあるw」といった感じでライトに楽しむ映画だと思うので、興味のある方は地上波でも観てみてくださいね〜。

今回もお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました