ヒトメタニューモウイルスとは?徳島の介護老人施設で発症。危険性や感染力も調査

社会
スポンサーリンク

最近はコロナウイルスの話題でもちきりですが、徳島にある介護老人施設で発症者がでたヒトメタニューモウイルスというウイルスが話題になっているようです!

きき慣れないウイルス名ですが、今回はそのヒトメタニューモウイルスとは何なのか?危険性や感染力も調査してみました!

ヒトメタニューモウイルスの感染報道

まずヒトメタニューモウイルスの感染報道から見ていきましょう!

徳島県は31日、同県阿波市の介護老人保健施設「しょうか苑」(入所者78人)で、1月中旬から、1週間に80歳代~100歳代の男女5人が肺炎などで死亡したと発表した。施設では、発熱やせきを引き起こす「ヒトメタニューモウイルス」の集団感染が確認されており、県は「5人が感染した可能性もある」としている。発表では、1月6日以降、80歳代~100歳代の高齢者に発熱などの症状が出始め、16~22日に5人が死亡。施設側から届け出を受けた県吉野川保健所の指示で、施設が症状のある患者31人を調べた結果、17人からウイルスが検出された。31人のうち8人が入院し、23人が施設で治療を受けている。いずれも快方に向かっているという。職員に感染者はいない。 

読売新聞

亡くなった方も出ているようで、コロナウイルスのように感染力も高いものだとしたら心配ですよね。

職員に感染者はいないということですが、もしかしたらお見舞いに行ったご家族や友人にも感染している可能性もあるので油断はできません。

スポンサーリンク

ヒトメタニューモウイルスとは?

さてここからヒトメタニューモウイルスとは何なのか説明していきましょう。

ヒトメタニューモウイルスは気道に炎症を起こす感染症。1年中発症し、例年2~6月に流行期を迎え、乳児や高齢者は重篤化することもあるといいます。

ヒトメタニューモウイルスに感染しても、1週間程度で症状は治りますが、1回の感染では免疫がつきづらいようで何度か繰り返して感染してしまうこともあるそうです。ただ年齢が上がるにつれて徐々に免疫がつき、症状が軽くなる傾向にあるウイルスとのことでした!

ヒトメタニューモウイルスの治療や予防方法は?

ヒトメタニューモウイルスの治療や感染予防の方法は基本的には風邪の時と同じです。

治療も病院からもらう薬を飲む対処療法が基本となり、予防も帰宅時にうがい手洗いをしっかりし、外出時はマスクをつけることで予防できます。

スポンサーリンク

ネット上の声

ネット上の声では以下のような声が多く寄せられています。

●「感染か介護老人施設で5人死亡」という悪意ある省略タイトルは良くないと思う。チラッと見た人が新型コロナと誤解して言いふらすぞ

●こういう勘違いするような見出しつけちゃダメよ。きちんと「ヒトメタニューモウイルスが検出」って書かないと。乳児や高齢者が多く感染して呼吸器に炎症をおこすものらしい。なんのウイルスにしても乳児や高齢者、病気の人とってはどれも危険な事にかわりないけど。

タイトルにヒトメタニューモウイルスとかかず、感染とだけ書いてコロナウイルスと勘違いさせようとする記事の書き方に異論を唱えてる方が多いですね!

いずれにせよ、普段からの予防はしておいて損はないので気をつけましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました