【現役続行】豊ノ島の長女の言葉とは?引退を引き止めた内容にファンも涙

スポーツ
スポンサーリンク

去就が注目されていた大相撲の現役最年長関取で十両の豊ノ島(36=時津風)が1日、現役続行を明言したことが話題にになっていますね!

一度は引退に傾いていたと言われていた豊ノ島ですが、長女の言葉に引退を踏みとどまったと言います。

そこで今回は豊ノ島に現役続行を決心させた長女の言葉の内容やファンの反応について調査してみました!

現役続行を後押しした豊ノ島の長女の言葉とは

まず今回豊ノ島が現役続行を表明した経緯ですが、豊ノ島は東十両11枚目で臨んだ1月の初場所で4勝11敗と負け越し、2度目の幕下陥落が決定的となっていたことが引退をチラつかせていたようなんです。

千秋楽では「自分ではやりきったという思いはある」と話していて、この時も引退を示唆するような態度や言葉を発していたようです。

ただその引退を引き止めたのは長女希歩ちゃん(7)の言葉だったのです。幕下にランクが落ちれば給料もなくなる生活になることを7歳ながら知っていた長女希歩ちゃんは「お金に困ったら私が貸してあげる」と泣きながら相撲を続けることを訴えたのだそうです。

また奥様の沙帆夫人も、ライバルでずっと一緒に競い合ってきた幕内力士・琴奨菊との再戦を成し遂げていないことを上げ「このまま引退して、悔いはないの?」説得したようです。

そして豊ノ島自身も、初場所は万全でない状態で臨んだことで思うような結果を出せなかったことにかなり後悔の思いを持っていたと言います。

千秋楽の時には以下のように語っているようです↓

「これでまた(土俵に)上がろうと思えたら、すごい心の強い人間」と話していたが「気力が1回、切れたけど、強い人間になってやろうと思った。今やめるのは中途半端。もう1回、しっかり準備して、それでも大阪で負け越したら、それはそれで」

かっこいいですよね!家族の言葉で奮起する姿は日本中に感動を与えていると思います!

奥様と娘さんと喜ぶ姿

こちらの動画で豊ノ島関の奥様と娘さんが喜ぶ姿に感動しました。

平成三十年大相撲九州場所初日 豊ノ島の涙が出そうな一番

家族って素晴らしいですよね!

スポンサーリンク

豊ノ島プロフィール

ここで豊ノ島関を知らない人のために簡単ですがプロフィールをご紹介しましょう!

四股名豊ノ島 大樹
本名梶原 大樹
愛称カジ、いきちゃん、とよちゃん
生年月日1983年6月26日(36歳)
出身高知県宿毛市
身長169cm
体重166kg
BMI58.12
所属部屋時津風部屋
得意技左四つ・下手投げ
成績
現在の番付東十両11枚目
最高位東関脇
生涯戦歴701勝638敗68休(108場所)
幕内戦歴493勝524敗48休(71場所)
優勝十両優勝2回
序二段優勝1回
序ノ口優勝1回
殊勲賞3回
敢闘賞3回
技能賞4回

父親の知人が後援会長をしていた縁で時津風部屋に入門したことが相撲人生のきっかけだったようですね。

得意のことが腹話術やビートたけしのモノマネなど、人柄も明るくて周囲の人を楽しませることが好きなようです!

スポンサーリンク

ファンの反応

長女希歩ちゃんの言葉にファンの多くは「泣いた」「感動した」との声を上げているようなので一部ご紹介しますね!

●豪栄道関は潔く引退で、豊ノ島関は娘かならの言葉で幕下さい陥落でかも執念の続行きか。どちらもカッコいいな。

●ひとまずホッとした… 豪栄道の潔さとは違う形、「家族の為に諦めないこと」で男のかっこよさを示してくれる豊ノ島 身体はもう限界近くだろうけど、悔いの無いよう最後まで頑張って欲しい

●大関陥落して身を引く男もいれば、幕下に落ちても現役を続ける男がいる。それぞれ男の生き様。どちらも優劣なく美しい。/ニッカン 豊ノ島が現役続行を明言、引退傾くも長女の涙で再起

●ジーンとくる。 これは辞められないよなぁ。 来場所、応援しよう。 豊ノ島が現役続行を明言、引退傾くも長女の涙で再起

私も豊ノ島の長女の言葉にはうるっときてしまいました。来場所はもちろん応援したいと思います!!

スポンサーリンク

まとめ

以上、今回は【現役続行】豊ノ島の長女の言葉とは?引退を引き止めた内容にファンも涙、でした!

来場所はぜひ豊ノ島を応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました