石川界人がラジオで不適切発言内容!降板はひどすぎると抗議も

エンタメ
スポンサーリンク

実在の酒造銘柄をキャラクター化したプロジェクト「神酒ノ尊—ミキノミコト—」(通称みきみこ)で越乃寒梅役の声優・石川界人さんが自身のラジオ内で不適切な発言をしたとして降板させられていたことが話題となっていますね!

ファンの方は「不適切発言」ってなんだ?と気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は石川界人さんが自身のラジオ内でした不適切発言内容や、「その理由で降板はひどい」などのファンの声を調査してみました!

それでは行きましょう!

石川界人プロフィール

まず簡単に石川界人さんのプロフィールをご紹介しましょう!

プロフィール
愛称石川プロ、かいじん
性別男性
出生地 日本・東京都文京区
生年月日1993年10月13日(26歳)
血液型AB型
身長173 cm
職業声優
事務所プロ・フィット
公式サイトプロフィール
声優活動
活動期間2010年 –
ジャンルアニメ、ゲーム、吹き替え
デビュー作『AKIBA’S TRIP』

中高一貫校に進学した石川さん。

演劇部に入部して演劇の道を行こうと思っていたようで、先輩から「役を生きる」という言葉を聞いて感銘を受けさらに「演技」に対する熱を帯びたんだそうです。

のちにテレビで放送した『パイレーツ・オブ・カリビアン』を観てジャック・スパロウの吹替えを担当した平田広明さんの演技で「ここまで動きに合った芝居が声だけでできるってすごい!」と感動し、声優になることを決めたんだとか!

またアニメも好きだったようで「アニメに出られるなら」といった理由もあったようですね!

ちなみに石川さんが声優になりたいと思って志したのが高校1年からなのですが、当初はご両親から「やめときなさい」と猛反対されたんだそうです。

しかし石川さん熱意と熱心な説得で、学費を出さないことを条件に声優養成所への入所を認めたんだそう。

そのため、アルバイトで稼いだ給料でプロ・フィット声優養成所に入所した苦労人なんですね。

この時にお父さんが「子供を応援した方が良い」と言った発言をしていたそうで、石川さんは今でもこの言葉に感謝をしているようです!

声優なんてなかなか芽が出ない職業で大変でしょうから、これを認めてあげるのも良いお父さんですよね。

主な実績

2012年に『あの夏で待ってる』でアニメデビューした石川さん。

そして、2013年4月にはテレビアニメ『翠星のガルガンティア』のレド役で初の主役を演じ、翌2014年、第8回声優アワード新人男優賞を受賞しているようです!

スポンサーリンク

石川界人の不適切発言内容!

さてそんな石川さんの不適切発言内容とはいったいなんなのでしょうか?

結論から言うと「糖質制限中だから、日本酒は飲まない」という発言が炎上したようです。

実在の酒造銘柄をキャラクター化したプロジェクト「神酒ノ尊—ミキノミコト—」(通称みきみこ)は実際の酒蔵とコラボして日本酒のアピールをするのが目的のコンテンツなので、

作品の役柄的にも石川界人さんの「糖質制限してるから日本酒飲めないんですよね〜」という発言は看過できなかったのでしょうね。

スポンサーリンク

降板にファンからは抗議の声?

ただファンからは「降板はやりすぎ!」といった声もあるようなので一部ご紹介しますね!

コンテンツのPR的には確かにまずかったかもしれませんが、「不適切発言」といったメディアの切り取り方はどうか?といった意見は「確かに。。」と感じました。

タイトルだけ見ると色々疑ってしまいそうですもんね。

今回の降板は残念ですが、これからも石川界人さんには他の作品での活躍を期待しています!

以上、今回は石川界人さんの不適切発言内容と降板についてでした!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました