商用利用の使い道は?パリ美術館のアート作品画像無料ダウンロード方法

社会
スポンサーリンク

パリ市内にある14の美術館に所蔵されている約1万点に及ぶアート作品の高解像度画像が無料でダウンロードできるようになったことが話題となっていますね!

単純にこのニュース自体もすごいことだと思うのですが、
商用利用するといっても「どのように」していくのか気になるところですよね?

そこで今回はパリ美術館のアート作品画像が無料ダウンロード可能になった背景や商用利用の使い道を考察してみました!

パリ美術館のアート作品画像が商用利用可能になった背景

まず今回の商用利用解禁について背景をご説明しますね!

今回の発表は該当する美術館を統括する公的機関「ParisMusées」が1月8日に発表したものです。

印象派を代表するフランスの画家であるモネなど、歴史的価値の高い作品画像が、商業的使用の有無にかかわらず使用できるとのことで話題になっているんですね。

この狙いについてParisMusées曰く

コレクションの普及を強化して芸術と文化へのアクセス促進をはかり、作品の認知度を高めることでフランスおよび海外の地方コレクションの知識を高めたい

公式

とコメントしているようです!

ちなみに画像は、コンテンツの作者や所有者が著作権による利益を放棄することで利用者が自由にコピーし、作品を拡張できるようになる「クリエイティブコモンズゼロライセンス」(外部リンク)という規定のもと公開されています。

画像使用上の注意点

作品をオープンソースとしてさまざまな活用を行えるようになりますが使用した画像について、

・ダウンロードした際に提供される作品のタイトルや著者名
・「ParisMusées」のクレジットを記載すること

上記を推奨しているようです!
あくまで推奨なので義務ではないですが念の為気をつけたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

パリ美術館のアート作品画像が商用利用の使い道

さてここで本題の商用利用の「使い道」を考察していきたいと思います!

いきなり使っていいよ!と言われても迷ってしまいますからね!

パロディグッズ作成

有形商材やグッズなどの作成をされている方はパロディグッズなどの作成もできそうですよね!

面白いコンセプトのものが作れれば一儲けできそうです!

ブログ画像など

ブログ、WEBサイトなどで画像を使いたい時に便利ですね!

あと最近はYoutuberとして活動されている方も多いと思いますが、動画でももちろん使用は可能です!

いちいち著作権を気にしないでいいのでこれはありがたいと思いますね〜。

広告デザインに

広告代理店や広告制作会社、デザイン事務所などで業務をされている方は広告デザインなどに使用できますね!

歴史的な名画を使ったCMや広告はよく見かけますが、著作権の使用許可など取るのは大変だったと思いますがこれで一気に確認の手間が減りますね。

自分も仕事上こういった確認作業の手間がよくわかるのでありがたいと思います!

スポンサーリンク

ネット上の声

ツイッター上でも驚きと喜びの声が意外にも多く寄せられていたので一部ご紹介しましょう!

●え、凄くない?商用利用も可能とか凄すぎない??むしろ既存の画集とかサービス類は大丈夫なんか…?

●日本とは大きな違いよねw すーぐ無断転載だ!って騒ぐ人多い

●え!!!!トラベルはとにっきでこの後美術館行く回あるんだけど、そのまま背景に使ってもいいってこと!??描かなくていい!!イエーーー!!!

●凄い!!!商用利用しちゃっていいの?! でも正直嬉しい!!!TシャツとかロンTに 自分の好きな絵画プリントしたら 唯一無二のアイテムになるしなんか、 夢広がる!!!!(語彙力) 大きい指輪にしても可愛いだろうし…(ただ昔の画家さんに申し訳ない気持ちもある…)

スポンサーリンク

まとめ

以上、今回はパリ美術館のアート作品画像が無料ダウンロード可能になったことによる背景や商用利用の使い道について調査してみました!

無断利用とはいえしっかりとクレジット表記を入れたり作品を貶めたりするような使用は控えましょうね。

今回もお読みいただいてありがとうございました!


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました