サッポロビール(箱根駅伝2020)CM曲は誰が歌ってる?曲名は?

音楽
スポンサーリンク

2020年も箱根駅伝が盛り上がっていますが「サッポロビール」のCMが感動する!と話題になっていますね!

そこで今回はCM中に使われている曲が素敵!と話題になっているので誰が歌っているのか調査してみました!

サッポロビール(箱根駅伝2020)CM

まずはそのCMを観てみましょう!こちらです!

「第96回箱根駅伝 一緒に、その先へ」 CMロングバージョン

「一緒に、その先へ」清原篇 「あのころ前を走るやつはひとりもいなかった 10代が終わるころ追いつけないと思うやつは一人ではなかった」
「夢のスタート地点に立てないとわかったとき大切な人の優しさも届かなくなっていった。そう 彼らはそこがゴールだなんて思っていない 俺だってここから次にすすむんだ」
「ただエールを送ることしかできないけど、その襷は自分にもつながっていると思うから」挑戦するものたちへ、乾杯を。サッポロビールは今年も箱根駅伝を応援しています

CM概要

夢を諦めた青年が応援する。でもその応援は自分の未来にもつながっている。といったような素敵なメッセージが込められているCMでとても感動的ですね!

ストーリーも勿論素敵なのですが、それ以上に「曲が感動する!」「歌詞がいい!」という声が多数寄せられていますので調査してみました!

※出演俳優についての記事はこちら↓

スポンサーリンク

サッポロビール(箱根駅伝2020)CM曲は誰が歌ってる?

結論から言うとサッポロビール(箱根駅伝2020)CM曲を歌っているのは「スカート」というアーティストで曲名は「駆ける」です。

早速聴いてみましょう↓

スカート / 駆ける(CM Ver) OfficialAudio

めちゃくちゃいい曲ですよね!!歌詞もいいですが、曲調も素敵です。くるりなんか好きな人が好みそうな感じですね。

スカートとは

知らない人も多いのでスカートについてご紹介しましょう!

シンガーソングライター澤部渡によるソロプロジェクト。昭和音楽大学卒業時よりスカート名義での音楽活動を始め、2010年に自主制作による1stアルバム「エス・オー・エス」をリリースした。以降もセルフプロデュースによる作品をコンスタントに制作し、2014年にはアナログ12inchシングル「シリウス」をカクバリズムより発表。2016年にはオリジナルアルバム「CALL」、11月には初のCDシングル「静かな夜がいい」を発売した。2017年にポニーキャニオンよりメジャーデビューアルバム「20/20」、2018年に表題曲が映画「高崎グラフィティ。」の主題歌に使用されたメジャー第1弾シングル「遠い春」をリリース。2019年6月にメジャー2ndアルバム「トワイライト」を発表した。またスカート名義での活動のほか、澤部はギター、ベース、ドラム、サックス、タンバリンなど多彩な楽器を演奏するマルチプレイヤーとしても活躍しており、yes, mama ok?、川本真琴ほか多数のアーティストのライブでサポートを務めるほかスピッツや鈴木慶一のレコーディングに参加。これまでに藤井隆、Kaede(Neggico)、adieuら他アーティストへの楽曲提供およびドラマや映画の劇伴制作にも携わっている。またトーベヤンソン・ニューヨーク、川本真琴withゴロニャンずには正式メンバーとして所属している。

ナタリー

バンド好きな人にとっては結構有名なアーティストだと思いますが、どれも切ない感じの曲調や歌詞でいい曲ばかりなので気になった人はぜひ聴いてみてくださいね!

スポンサーリンク

ネット上の感想

ネット上でもサッポロビール(箱根駅伝2020)CM曲が感動的!と話題になっていますのでご紹介します。

以上、今回はサッポロビール(箱根駅伝2020)CM曲は誰が歌ってる?曲名は?でした!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました