BIGBANG活動再開に海外の反応は?スンリいないが世界中で歓喜の声

音楽
スポンサーリンク

世界的な人気グループBIGBANGが米国最大規模の野外音楽フェスティバル(コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル)のステージに立つことが発表され世界中が歓喜の声で包まれていますね!

韓国の法律で兵役についていたメンバーですが、無事兵役を終えて戻ってきたようです。

コーチェラといえば世界最大級の音楽フェスですよね。復帰一発目でいきなりコーチェラのステージとは・・・さすがBIGBANGです。

さて今回はBIGBANG活動再開による海外のファンの反応をまとめてみました!

BIGBANG活動休止の経緯

まずBIGBANGが活動休止に至った経緯をかんたんにおさらいしてみましょう!

BIGBANGが活動休止を発表したのは2017年の秋頃。兵役により、順次入隊を予定していると日本のメディアを中心に報じられました。

「グループにとって最善の状況を模索する中で、BIGBANGが活動休止を決断した」と当時は発表され「G-DRAGONとSOLはもともと来年の入隊が予定されており、D-LITEとV.Iはまだ猶予があったが、BIGBANGとして少しでも早くファンのもとへと帰ってくるため、タイミングを合わせる判断に至った」と報道されています。

当時D-LITEは日本ソロ公演でインタビューに答えており「今年、残りのメンバーの活動が終わったら、長いブランクができるかもしれないが、それがBIGBANGとして再スタートさせるには1番いい選択だと思っています」と早期入隊を示唆していました。

当時日本で開催されていたドームツアーがBIGBANG入隊前の最後の日本での活動になることも報じられており、「早ければ2020年にも5人全員で活動再開が可能であること」と報じていました>

あの事件が起こるまでは・・・・

V.Iことスンリのバーニングサン事件

活動休止中のBIGBANGに起こった一番の悲劇といっていいでしょう。

2019年1月、メンバーのV.Iが運営するクラブ『バーニング・サン』で従業員による暴行事件がありました。

この事件をきっかけとして『バーニング・サン』での大麻吸引や販売が明るみに。さらに売春あっせんや、盗撮、脱税などの疑惑が相次ぎ、V.Iは“芸能界引退”を表明したのです。

当然ながらBIGBANGからも脱退し、グループは4人になった経緯があります。

スポンサーリンク

BIGBANG活動再開に海外の反応は?

さて今回のBIGBANG活動再開に喜んでいるのは日本だけではありません。

世界中のファンが歓喜しているのでその声を調査してみました!

訳「 BIGBANGが帰ってきたぁぁぁぁぁ!」

訳「 ビッグバンがCoachella Ohmygad Yes Kingsで演奏するってニュースで飛び起きた!!!」

みんな狂喜乱舞してますね!英語以外でもかなりの数がつぶやかれていて世界的なトレンドにも食い込んでいました。さすがですね〜〜。

スポンサーリンク

まとめ

以上、今回はBIGBANG活動再開に対する海外の反応を調査してみました!

日本でも人気が高いBIGBANGですが、今回のニュースに対する報道で改めてこれだけ世界中で注目されていたということがわかりましたね。

まあ世界的な音楽フェスティバルであるコーチュラに出演することも相まっての盛り上がりかもしれないですけどね。

何れにせよ活動再開は嬉しいので今後の露出や新曲にも期待ですね。

以上、今回はBIGBANG活動再開に海外の反応は?スンリいないが世界中で歓喜の声でした!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました