ベーシックインカムとは?簡単に説明!前澤社長の10億円お年玉企画には賛否両論?

社会
スポンサーリンク

突然ですか「ベーシックインカム」っていう言葉ご存知ですか?

「なんとなく言葉だけなら・・・」「初めて聞いた」など人それぞれだと思います。

今回はこの「ベーシックインカム」について簡単に説明しますね!また現在「ベーシックインカム」という言葉がトレンド入りしていますがその発端となった元ZOZOTOWN社長の前澤氏に対する賛否両論意見も調査しました!

それでは行きましょう!

「ベーシックインカム」がトレンド入りした経緯は前澤社長?

まずなぜこのタイミングで「ベーシックインカム」という言葉が流行っているのか整理してみましょう。

発端は元ZOZOTOWN社長の前澤氏のこんなツイート↓

以前「1億円バラマキキャンペーン」で話題となった前澤氏ですが、今回は「ベーシックインカム」の増加を目的としてなんと100万円が1000名に当たる10億円お年玉キャンペーンを実行するようです。

前澤氏の10億円お年玉企画

【ルール①】
Twitterアカウントがあれば誰でも応募可能。作ったばかりの新規アカウントでも、フォロワー数ゼロでも、一度もツイートしていなくてもOK。抽選の当選確率も全てのアカウントで平等。

【ルール②】
一人一アカウントからのみの応募。複数アカウントを作成しての重複応募は当選資格失効。 応募資格は日本国内に在住の人のみ。Twitterサービス利用規約により13歳未満は応募不可。

【ルール③】
当選者は抽選で決定し、抽選結果の連絡は当選者のみにDM。 18歳未満が当選の場合は、100万円の受け取りに保護者の承諾が必要。 前澤友作の偽アカウントに注意。アカウント名横の青いオフィシャルマークが本物の証。

いやー改めてすごい企画ですね!お金が有り余って仕方ないのでしょうね・・・

スポンサーリンク

「ベーシックインカム」とは

ここで本題の「ベーシックインカム」について説明したいと思います!

ベーシックインカムとは一言で言うと、

「全ての国民に対して定期的に少額の現金を配る制度」

です。

これは世界各国で関心を集めている制度であり、スイスやカナダなどで導入実験が行われています。

また「すべての国民」ですが以下のような意味で設定されています。

  1. 所得制限を設けないということ。
  2. お金の使い方に制約を設けないということ。
  3. 受給者の行動に制約を設けないということ。

ベーシックインカムの目的

ベーシックインカムの目的は一人ひとりの暮らしを経済面で基礎的に保障することです。全面的な保障や裕福な暮らしを保障することを目的としていません。

ベーシックインカムに対する反対意見

また当然ですがベーシックインカムには反対意見もよくあげられますので、ご紹介します。

  • 現実離れしている
  • 財源確保が実現不可能
  • お金を配れば問題が解決するという発想は単純すぎる
  • 金持ちにも金を配るのか
  • 浪費の助長
  • みんな働かなくなる
  • 賃金の下落
  • インフレ

まあ当然の意見でしょうね!「無条件」の箇所を一定の制約を持たせてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

前澤氏への意見

また前澤氏の今回の発言や行動は「真のベーシックインカム」ではないと言う意見も聞かれます。

例えば「ベーシックインカム」の基本的な考え方に沿えば「すべての国民」がその価値を享受できないといけません。ですが今回は1000人という人数限定ですよね?

その意味で前澤氏の行動は「ベーシックインカム」ではなくただの「お金バラマキ」と批判されているようです。

ただ一方で「ベーシックインカム」ってなんだろう?という問題意識を国民に根付かせるという意味では素晴らしい影響力を持った企画だとも思いました。

こんなこと政治家にはできませんからね・・・。本当に導入されるかはわからないですが一つの問題提起としては意味がある行動ですよね。

以上、今回はベーシックインカムとは?簡単に説明!前澤社長の10億円お年玉企画には賛否両論?でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました