DOSE復活で銀魂(劇場版2021)の主題歌確定か?新MVも公開!

音楽
スポンサーリンク

こんにちは、kairowaです!

銀魂の主題歌「曇天」で大人気だった3人組バンドDOSEが復活することで話題になっていますね!

突然の活動休止を発表して3年4ヶ月の月日が流れましたが突然の復活報道にファンも喜んでいるようです!

また2021年に公開予定の劇場版銀魂の主題歌なのか?とささやかれているようです。

そこで今回はDOES復活で銀魂(劇場版)の主題歌確定なのか、公開された新MVについて調査してみました!

DOSEプロフィール。活動休止経緯も!

まずは簡単にDOSEのプロフィールをご紹介しましょう!

メンバーは氏原ワタル(Gt.Vo長崎出身)、赤塚ヤスシ(Ba.宮崎出身)、森田ケーサク(Dr鹿児島出身)の3人で2000年に結成されたスリーピースバンドです!

下積み時代は結成場所である福岡を中心に地道な活動を続けていたようです。またライブハウスではなく、クラブハウスを中心にライブ活動をしていたこともDOSEの一つの特徴としてあげられています。

福岡で活動した後、上京しメジャーデビュー。2006年9月にはメジャー1stシングル「明日は来るのか」をリリースしています。その時にメンバーの年齢はすでに30歳前。

バンドとしては少し遅咲きの彼らですがデビューの翌年、翌々年にリリースされた「修羅」や「曇天」が銀魂のタイアップ楽曲として売り出されると大ヒット!一気にスターダムへとのし上がります。

DOES 『「修羅」(テレビ東京系アニメ「銀魂」エンディングテーマ)』

また、どちらの楽曲も歌いやすいことからカラオケ定番曲になっており、活動休止したいまも常に月間カラオケランキングの1000位以内には入り続けているようです!!

やはり国民的にヒットしたアニメの主題歌を担当することの影響力はすごいですね・・・。

DOES 『「曇天」(テレビ東京系アニメ「銀魂」オープニングテーマ)』

活動休止の理由は過度な「銀魂」イメージ?

ただ銀魂影響で楽曲が有名になったのはいいのですが、DOSEの他の曲はそこまでヒットしていません。

そこに対してミュージシャンとしてのプライドや矜持のようなものが疼いてしまったのかもしれませんね!DOES=銀魂のOPのバンドというイメージが付きまとっていたことに我慢できなくなってしまったのでしょう。

全ての楽曲の作詞作曲を手掛ける氏原ワタルさんは活動休止を発表する際のコメント以下のように語っています。

1、2年前からずっと、自分の違う可能性を試したい、自分の音楽により向き合うことに挑戦したい、という気持ちが日々、日々高まっていました。

この言葉はもっと自分の「音楽」で評価されたい!という気持ちの現れなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

DOES復活は銀魂(劇場版)の主題歌の予兆?

実は2021に劇場版銀魂の公開が決定しており、主題歌はまだ決まっていない状態です。

そこでファンの間では「このタイミングの復活はDOSEが主題歌を担当するのでは!?」と話題担っているんですね。

ただ活動休止理由が銀魂のイメージだけではなく自分たちの音楽で勝負したい!ということであればまた銀魂の主題歌を担当するということは少し考えにくいですよね?

一方で活動開始のスタートダッシュを切るために主題歌のオファーは受けるが、その後はタイアップしないなんてこともありそうです!

今の時点ではなんとも言えませんですが、可能性としては半々でしょうか。

スポンサーリンク

新MV 公開!?

DOSEの公式SNSで以下のような投稿がありました!

詳しくは公式HPに載っているので気になる方はチェックしてみてくださいね!

DOSE公式ホームページ

銀魂の主題歌になるかどうかはまだわかりませんが、良いバンドの復活は嬉しいですよね!

以上、今回はDOES復活で銀魂(劇場版)の主題歌確定か?新MVも公開!でした!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました