鈴木塁人(青学)の出身高校や中学は?走り方が独特?【箱根駅伝2020】

スポーツ
スポンサーリンク

こんにちは、kairowaです!

この前令和になったと思ったらもう年末・年明けですね・・

そして新年といえば箱根駅伝!!!

令和になって初めての箱根駅伝なので選手だけではなく、観客やお茶の間のみなさんも楽しみにしていたと思います。

今回は注目度の高い青山学院大学の鈴木塁人選手の出身中学や高校などの経歴を調査しました!

鈴木塁人選手のプロフィール(中学高校など)

さてまずは鈴木塁人選手のプロフィールを出身中学高校など含めご紹介して行きます!

名前:鈴木塁人 (すずき たかと)

生年月日:1997年7月23日生まれ

出身地:千葉県柏市

身長:174cm

体重:60㎏

出身小学校:柏市立西原小学校

出身中学校:柏市立西原中学校

出身高校:流経大柏高等学校

出身大学:青山学院大学

青学陸上部で主将を務めている鈴木選手ですが「走り方が独特である」と言われているようです。

確かに横に手を振るような感じであまり他の選手にはみないような走り方をされていますね。鈴木選手の走り方がわかるような動画も調査してみました!

確かに少し腕の振り方は特殊ですがそこまで変!という感じでもないですね!

中学校時代

鈴木塁人選手の中学校時代についてですが、どんな中学校時代だったのでしょうか?

柏市立西原中学校に入学した鈴木塁人選手ですが陸上部ではなく、野球部に入っていたそうです!名前の「塁人」も両親が鈴木選手に野球をやって欲しいという思いからつけた名前なのだとか。

そんな中、陸上部の顧問の目にとまりスカウトされたそうです。ただ最後まで高校で野球をするのか、陸上をするのかで迷ったそうです。好きな野球を諦めて経験の少ない陸上の道へ進むのか?両親の思いを裏切っていいのか?

それは迷いますよね・・・。

高校も強豪の野球部からオファーが来ていたそうですが、最終的に自分で決断し陸上の道へ進むことを決心したようです。

高校時代

中学を卒業後はそのまま地元の流経大柏高等学校へ進学した鈴木塁人選手。

高校時代の実績はどうだったのでしょうか?

●2015年全国高等学校駅伝競技大会    1区 区間12位

●2016年全国都道府県対抗男子駅伝大会  1区 区間16位

上記の駅伝大会に出場した実績があります。

二つの駅伝大会の記録を見ると、そこまで活躍はしていなそうでしたが個人のレースでは素晴らしい実績を残しているようなので下記に実績まとめました。

スポンサーリンク

鈴木塁人選手の実績

2016年出雲駅伝       1区 区間5位

2017年全日本大学駅伝    8区 区間4位

2018年箱根駅伝       1区 区間5位

2018年出雲駅伝       2区 区間1位

2018年全日本大学駅伝    3区 区間3位

2019年箱根駅伝      10区 区間2位

2019年全日本大学駅伝    4区 区間7位

上記は駅伝での実績ですが安定感のある順位ですよね!

そしてこちらが個人成績。

5000m     13分53秒20

10000m    28分31秒66

ハーフ       1時間01秒45

こちらも素晴らしいタイムですよね!

青学陸上部では主将ですし、箱根駅伝2020も素晴らしい走りをしてくれるでしょう!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校から本格的に陸上人生をスタートさせたものの、駅伝や個人成績でも安定感のある実績を持つ青山学院大学期待の鈴木塁人選手。

原監督や周囲の信頼も厚いからこそ主将にもなれたのだと思いますし、期待が大きく膨らみますね!

今後も目が離せない選手の一人ですね!

現地に行かれる方もテレビで観戦する方もぜひ一緒に応援しましょう!

以上、鈴木塁人(青学)の出身高校や中学は?走り方が独特?【箱根駅伝2020】でした!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました