【紅白】AKBが曲目先行発表したのはなぜ?海外PR?過去のヒット曲に頼り過ぎとの声も

音楽
スポンサーリンク

こんにちは、kairowaです!

今年の紅白に出場が決定しているAKBが異例の曲目先行発表をしたことが話題となっていますね!

気になる曲目は「恋するフォーチュンクッキー」それも「恋するフォーチュンクッキー〜紅白世界選抜SP~〜」と題してAKBメンバーと世界8都市から姉妹グループが集結して歌うようです。8都市(8グループ)はBNK48(バンコク)・CGM48(チェンマイ)・SGO48(ホーチミン)・JKT48(ジャカルタ)・MNL48(マニラ)・AKB48 Team SH(上海)・AKB48 Team TP(台北)・DEL48(デリー)とのこと。

そこで今回はAKBがこのタイミングで曲目先行発表したのはなぜなのか?
理由や目的を調べてみました!

AKBが曲目先行発表した理由①今年のヒット曲が無い

まず一つ目の理由はそもそもAKBに今年大きなヒット曲が無いことが挙げられます。

「恋するフォーチュンクッキー」もリリースされたのは2014年ですし、かつてセンターを務めていた指原莉乃さんも卒業しているのでなぜ今更?と思われるファンの方も多いのでは無いでしょうか?

なので少しでも事前の引きを強くするためにAKBのファンでは無い人や、老若男女誰でも知っている「恋するフォーチュンクッキー」を選曲し、先行発表したのでは無いかと思います。

「古い曲にしがみつくまるで演歌歌手」「正直今年は坂道系の方が露出も多かったし活躍した」「恋するフォーチュンクッキーは飽きた・・・」などなかなか厳しい意見も多くみられました。

スポンサーリンク

AKBが曲目先行発表した理由②NHKの視聴率確保

2つ目の理由として、NHKの思惑が考えられます!

年々紅白の視聴率は近年微増していますが、NHKとしてはこの流れを止めたく無いところ。かといって冒険をするような放送局でもないので無難に「恋するフォーチュンクッキー」を選択した可能性もあります。

紅白の選曲に関する意思決定権はNHKが最も強いので、仮にAKB側が新曲を推したいといってもその意見が通ることは相当難しいようです!

ただ、先行発表なしで「恋するフォーチュンクッキー」を歌わせてしまうと、「過去のヒット曲に頼り過ぎ」との意見が出ることも見越して世界8都市の姉妹グループバージョンと事前に銘打つことで批判を最小限にしたと考察します。

また紅白は海外放送もされるので、世界的に人気のあるAKBグループかつ世界的にも有名な「恋するフォーチュンクッキー」を曲目にすることで世界中から視聴率を獲得することも大きな目的でしょう。

スポンサーリンク

AKBが曲目先行発表した理由③姉妹グループのPR

最後に、AKB側の思惑として姉妹グループのPRも考えられます。

今回参加が発表された8都市(8グループ)はBNK48(バンコク)・CGM48(チェンマイ)・SGO48(ホーチミン)・JKT48(ジャカルタ)・MNL48(マニラ)・AKB48 Team SH(上海)・AKB48 Team TP(台北)・DEL48(デリー)は存在は知っていてもメンバーなどは詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

そこで海外放送もされる紅白の大舞台に出演させることで一気に知名度を上げたいというか思惑がある可能性が高いです。

以上、今回は【紅白】AKBが曲目先行発表したのはなぜ?についてでした!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました