「桜を見る会」飲食受注業者アーネストM・比嘉の年収は?昭恵夫人の親友か。

社会
スポンサーリンク

こんにちは、 kairowaです!

「桜を見る会」の話題で世間は持ちきりですね。

そこで今回は「桜を見る会」飲食受注業者とされるアーネストM・比嘉氏の年収や昭恵夫人の親友説についてまとめてみました!

アーネストM・比嘉の年収は?

依然として話題に上がる「桜を見る会」疑惑ですが、出席者名簿の破棄問題など問題は山積しています。

そして国会でも特に取り沙汰されているのが、桜を見る会への飲食提供業務を受注した「ジェーシー・コムサ」(以下コムサ)を巡る問題のようです。そしてそのコムサのボードメンバーであるアーネストM・比嘉氏(67)さんが今回話題の中心となる人物です。

コムサは焼き鳥チェーン『一番どり』などを展開する外食企業で、このコムサが安倍政権から七年間に受注した総額は約一億二千万円。これは癒着と取られても仕方のない金額かもしれませんよね。

これだけの受注を成し遂げた中心人物ということであれば比嘉さんの年収もきっととんでもないと思います。比嘉さんはハワイ出身の日系三世で、元々アメリカの「ドミノ・ピザ」を日本に持ち込み、宅配ピザを根付かせた人物なんだとか!(すごいですね・・)

また比嘉さんの経歴はこれだけではありません。

●株式会社ヒガ・インダストリーズ代表取締役社長。同社代表取締役会長兼社長。
●ウェンディーズ・ジャパン合同会社最高経営責任者。同社ャパン株式会社代表取締役会長。
●一般社団法人東京ニュービジネス協議会特別理事。
●コロンビア・ビジネス・スクール理事。
●株式会社ジェーシー・コムサ取締役。
●株式会社新生銀行取締役。
●学校法人昭和女子大学理事。


・・・なんだか字面がすごすぎてよくわかりませんね笑

飲食系だけと思いきや大学の理事や銀行の取締役も兼任しています。流石に全ての業務に全力だと体も持たないでしょうから名前だけのところもあると思いますがすごい経歴ですよね。

具体的な年収は残念ながらわかりませんでした、数億円は確実にあるでしょう。

スポンサーリンク

アーネストM・比嘉は昭恵夫人の親友?

比嘉氏曰く「安倍総理とは、三十代のころからの付き合い。特に昭恵夫人と自分の妻が聖心(女子学院)時代からの付き合い」とのこと。

これが本当なら結婚前からの知り合いだったはずなので相当古い友達と言うことになりますよね!

国会議員の間でも、比嘉夫妻と昭恵夫人との友人関係を背景に、コムサが優遇されているのではと言われているそうです。

実際に国会でも立民会派の今井雅人議員が『役員が昭恵夫人と仲が良い会社がずっと仕事を続け、委託費が膨れ上がっている』と指摘し、さらにフェイスブックでも昭恵夫人のフェイスブックに投稿された、安倍夫妻と比嘉夫妻らが会食する写真が拡散されて世間の話題となっています。

スポンサーリンク

コムサの弁明は?

このような疑問の声が上がっているものの、コムサ側の声はほとんど報じられていません。

また、比嘉氏と安倍夫妻の関係性についても、「桜を見る会」については本当のところの詳細は現時点では明らかになっていないようです。

個人的にも特に今回の件は安倍夫妻もコムサも特に悪いことをしているわけではないので、流石に国会が騒ぎ過ぎでは?と思います。

正直、知人企業に発注することに特に問題があるとは思えません。

ちなみにイチローさんも「日本の野党やメディアは酷い。桜を見る会よりも、米中貿易摩擦とかもっと大事な問題があるでしょう。海外から見ていると、本当にバカらしい」と発言をしたそうで、確かにな〜と思いました。

以上、今回は「桜を見る会」飲食受注業者アーネストM・比嘉さんについてでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました